【WDW】ウォルト・ディズニー・ワールド(フロリダ) 持ち物

公開日:2020年3月3日

 

フロリダ州オーランドにある世界最大のテーマパーク、ウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)についてまとめた投稿です。

この記事では、WDWに持っていくべき「持ち物」についてまとめました。

私もそうでしたが、WDWに行くとなると、「どのアトラクションに乗ろう」「待ち時間はどれ位?」「ファーストパスは?」というように、気になることが多くあります。

そのため意外と大切なものを忘れたりして、あとで「しまった!」と思うことがあります。

また、WDW内は全ての物価が高いですので、持って行っておけば「もっと出費を減らせたのに!」となっても、もったいない限りです。

WDW訪問当日に何を持っていくべきか、逆に何は持って行けないか、またWDW内で買うとどれ位かかるのか、という点についても2020年の最新情報としてお伝えします。

 

必需品

WDWはフロリダのオーランドという場所にあります。

日本の沖縄に近い気候ですが、もう少し暑いかもしれません。

特に気にしないといけないのは、「暑さ対策」です。

以下の物は1年を通して必需品ですので、忘れずに持参下さい。

  • 帽子
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • レインコート
  • 羽織るもの(パーカーなど)

 

まず暑さ対策はしっかりとして下さい。

太陽の光は日本以上に強いです。

日頃サングラスをしない方も、日中晴天の日はかなり目がつらくなりますので忘れずに持参下さい。

 

レインコートは天気予報がよかったとしても持参する方が良いでしょう。

特に夏場は急なスコールがありますし、冬場でも間違いなく濡れるアトラクションもありますし、風が強くて寒い日もあります。

傘は大変混むWDWでは、まわりの人にも危ないですし自分自身でも邪魔になるので、この点からもレインコートを持参するのが良いです。

 

あとペットボトル入りの水は、持ち運びに負担でなければ何本か持って行きましょう

暑さ対策に必須ですし、パーク内は上記写真の通り高いです。

2020年2月時点で1本3.5ドル=約400円!)

持ち運びのわずわらしさがありますが、最低1本/人は持って行くのが良いです。

特にこだわりがなければ、パーク内に水を補充出来る箇所もありますので、空の水筒を持っていくのも1つの方法です。

また、アルコール飲料でなければ持込可能ですので、ジュース類でも可能です。

ただ暑くてぬるくなりますので、やはり持参するなら水が一番良いでしょう。

 

一方、フロリダは一年を通して暑いため忘れがちですが、どれだけ暑い日でも羽織るものは一枚あった方が安心です。

夏場は建物内のクーラーがかなりきついですし、冬場も朝晩寒いことがあります。

天気予報は毎日チェックすると共に、どんな日でも調整出来る服を一枚用意しておきましょう。

 

持って行くと便利な物

荷物に余裕があれば持って行くと便利な物です。

  • モバイルバッテリー
  • Wifiルーター or CIMカード
  • 軽食
  • ウェットティッシュ
  • 酔い止め

 

まずはWDWでも公式アプリでの待ち時間検索や写真撮影、待ち時間中の時間つぶしに大活躍するスマホグッズ。

普段より使用時間も長いですからモバイルバッテリーは必須アイテムに入れても良い位でしょう。

WDW内ではWifiが使えますが、いまいちつながりが悪かったりしますので、日本から行かれる方はWifiルーターやCIMカードを準備しておくと安心です。

 

あとは待ち時間中や広いパーク内を動き回りますので、スナックやチョコレート、果物などの軽食があると便利です。

それに合わせてウェットティッシュも持参しましょう。

アメリカのレストラン全般に言えますが、日本のレストランで出るおしぼり的なのはまずありません。

またレストランは数多くありますし、ディズニーキャラクター好きな方には「キャラクターダイニング」の利用もおすすめですが、「キャラクターダイニング」でなくてもパーク内のレストランはもれなく高いですのでそれなりの出費の覚悟は必要となります。

 

もう1つは「酔い止め」です。

酔わない人には必要ありませんが、激しい乗り物や最近は3D映像を駆使した乗り物も増えていますので、乗り物酔いをしやすい人は酔い止めを持参しておくと安心です。

超人気アトラクション「アバター」はその人気通り大変面白いアトラクションですが、酔いやすい方はほぼ間違いなく、終わった後はぐったりとなります。

WDWを楽しむためには体力勝負という面がありますので、体調管理は重要です。

 

 

人によって必要な物

WDWは老若男女いろいろな方が行かれますし、また宿泊するホテルがディズニー系列かどうかによっても追加で必要な物は変わってきます。

以下の持ち物は全員が対象ではありませんが、該当する方は必要かチェック下さい。

 

幼い子連れの方

  • ベビーカー(ストローラー)
  • ベビーカーに付けておく目立つもの
  • マジックペン(キャラクターにもらうサイン用)
  • プリンセスの衣装

 

ベビーカーはアメリカではストローラーと言います。

レンタルも出来ますが「15ドル/日」となります。

使い慣れたのがあると便利ですね。

1つ注意点として、アトラクションの近くにストローラー置き場がありますが、混雑していたり、みんなが間違ったところに置いてしまっているので勘違いして置いたりして、アトラクションに乗っている間にストローラーを別の場所に移動させられていることが何度もありました。

何か目立つものをストローラーに付けておくと元の場所から移動させらていても見つけやすいので便利です。

特に夜になって別の場所に移動させられると、探すのがかなり大変です。

夜は特に注意して置いてからアトラクションに向かいましょう。

忘れた場合は、風船などをWDWで買って付けているとわかりやすいかと思います。

但しアニマルキングダムでは動物保護の観点から風船の持込は禁止されています。

 

マジックペンはキャラクターグリーティングでサインをもらうためです。

WDWでは決まった場所でのグリーティングだけではなく、パーク内をキャラクターが移動して一緒に写真を撮ったりすることが出来ます。

その際にキャラクターにサインをもらうのがアメリカの子供達の中で一般的である様です。

キャラクター好きの方は、慣れておられるので私が言うこともありませんが一応・・・。

 

最後に女の子の場合、プリンセスの衣装を来て一緒に写真を撮っている子が多くいました。

WDW内でも購入出来ますが、もし持っているなら忘れずに持参下さい。

特に大好きなプリンセスと同じ衣装を着ての写真は貴重な思い出になること間違いなしです。

 

ディズニー系列ホテル宿泊者

  • マジックバンド

ディズニー系列のホテルに宿泊されている方は、ホテルで「マジックバンド」を渡されると思いますが、これは部屋のキーになるだけではなく、WDWのチケットやファーストパス、エキストラマジックアワーの入場、メモリーメーカーのリンク、物品の購入としても使いますので、忘れずに持参しましょう。

なおマジックバンドはディズニー系列ホテル以外に宿泊の方も購入して使用可能です。

この場合は同様に忘れず毎日持参しましょう。

 

 

持参出来ない物

最後にWDWに持参出来ない物です。

常識的にこれは持参しないと思われる物については割愛しています。

  • 3脚(クリップ式など小型の物は可)
  • 自撮り棒
  • ドローン
  • アルコール飲料
  • 大型のスーツケースやクーラーボックス
  • ガラス容器(小さな物は可)

 

以下は禁止ではないですが、持参しない方がよい物です。

  • キャリーケース(押すのは良いが引くのは不可)
  • プラスティック製のストロー及び風船(アニマルキングダムは持込不可)

 

最新の情報は公式HPからご確認下さい。

 

また、各パーク入園時には手荷物検査があります。

持込禁止の物として疑われる物は、その場で処分やホテルに持って帰るように言われることもある様ですので、注意が必要です。

 

以上がWDWへの「持ち物」に関してでした。

前日の夜までにしっかりと「持ち物」を準備して、忘れ物の無いようにパークへ向かって下さいね。

 

WDWに行くまでの事前準備やチケット手配については、以下の記事をご覧下さい!

関連記事

公開日:2020年2月27日更新日:2020年2月29日 フロリダ州オーランドにある世界最大のテーマパーク、ウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)についてまとめた投稿です。東京の山手線内側の面積を[…]

 

最新情報をチェックしよう!