【アメリカ旅行】シアトル街歩き

20代の時にカナダのバンクーバーやカルガリーと一緒にシアトルに行って以来の訪問です。

当時はイチローがマリナーズに在籍していて、セーフィコ・フィールドに見に行ったこと、スターバックス1号店に行ったこと、この2つの記憶が強く残っています。

ただ、旅というのはおもしろいもので、行った年代やその時代によって受ける印象が変わるようで、今回は2度目のシアトル訪問でしたが、パイク・プレース・マーケットってこんなにも食事する所があったんだー、シアトルってこんなに坂の多い街だったんだー、と新たな発見や記憶が蘇ったりと楽しめるものです。

以前行ったからもう行かなくて良いではなく、この歳になったから感じるものがあって、これだから旅はやめられません。

 

旅程

本日の旅程は以下の通りです。

  • パイク・プレース・マーケット
  • スターバックスリザーブ
  • Amazon Go
  • ケリー公園
  • シアトル・グレート・ウィール

 

パイク・プレイス・マーケット(Pike Place Market)

パイクプレイスマーケット

シアトルの名物というべき市場です。

その歴史は古く100年以上前の1907年に市場は始まったそうです。

 

パイクプレイスマーケット

多くのレストラン、カフェ、雑貨屋、花屋、魚屋さんまであります。

 

パイクプレイスマーケット

パイクプレイスマーケット

 

海沿いのきれいな場所にあり、散策に最適です。

パイクプレイスマーケット

 

パイクプレイスチャウダー(Pike Place Chowder)

パイクプレイスチャウダー

クラムチャウダーの有名店。

  • New England Clam Chowder
  • Smoked Salmon Chowder
  • Crab & Oyster Chowder

など、様々なスープに加えて、

  • Lobster Roll
  • Shrimp Roll
  • Dungeness Crab Roll

などのロール(ホットドッグのようにロブスターやエビをパンで挟んだもの)がいただけます。

Pike Place Chowderへのリンク

 

店は小さいですが、行列が出来てました。

当日は記録的な猛暑日で、外で待っているのは大変でしたが、ようやくありつけたクラムチャウダーは噂通りおいしかったです!

パイクプレイスチャウダー

パイクプレイスチャウダー

Shugs

Shugs

スイーツのお店

こちらのお店も大盛況

To Go(テイクアウト)も出来て、外の列も混雑していました。

 

私達はいろんなところで食べ歩きスタイルなので、控えめに3人でシェア

Shugs

Shugsへのリンク

 

Storyvill

Storyville

小さなビルの4階にある隠れ家的なカフェ

店内はとてもおしゃれで、ソファーの席などもあり、マーケット歩きで疲れた後に立ち寄るのに良い場所でした。

Storyville

Storyvilleへのリンク

スターバックス(Starbucks)

スターバックス1号店

スターバックス1号店

世界一のコーヒーショップとなったスターバックスは、シアトルで生まれました。

パイクプレースの1号店。

 

ここだけは馴染みの緑色のロゴではなく、茶色のロゴです。

スターバックス1号店

スターバックス1号店

スターバックス1号店

スターバックス1号店

 

 

スターバックスリザーブ

スターバックスリザーブ

パイクプレースの1号店とともに、シアトルの有名なスポットとなったスターバックスリザーブ。

大きなローストする機械やコーヒー豆を袋詰めするラインなどもあり、見るだけでも楽しい場所でした。

限定グッズやお酒の提供もあります。

スターバックスリザーブ

スターバックスリザーブ

スターバックスリザーブ

スターバックスリザーブ

スターバックスリザーブ

スターバックスリザーブ

 

3種類のコーヒーが飲める試飲セットのようなメニューも

スターバックスリザーブ

 

昔の空港にあった掲示板のようのレトロなボード

スターバックスリザーブ

 

外の看板もなんだかいい感じ

スターバックスリザーブ

amazon go

amazon go

シアトルはAmazonの本社があります。

Amazonのお膝元ということで、近未来の体験をするなら「amazon go」へ

無人の店舗でレジも無し。

アマゾンのアプリをかざして店内に入ると、あとは欲しいものを自分の持っているかばんでも、ポケットの中でも、手で持って出てもOK。

自動的にアマゾンアプリに連携されて精算されます。

数名で行く場合も誰か一人がアマゾンのアプリを持っていればOK。

もちろんその場合は全員分の精算がアプリを持っている人に請求されます。

 

amazon go

amazon go

 

店内の天井を見上げると、多くのカメラやセンサーが。

これらが誰が、どの商品を選んだのかを検知しているんですね。

amazon go

 

すごいのが、バーコードのついていないクッキーなども正確に精算されていること。

また一度棚から取った商品を戻しても、きちんと検知されているなどがすごいと思いました。

 

最後に駅の改札のようなゲートを出れば完了

amazon go

 

ケリー公園

ケリー公園

スペース・ニードル、マウントレニエが見渡せる穴場の丘。

アクセスはしずらいですが、シアトルの街が一望できます。

レンタカー・ウーバー・もしくはバスでアクセスできます。

 

スペース・ニードル

スペースニードル

シアトルの街が見渡せるシンボル的なタワー

大人35ドルなので、なかなかよいお値段です・・・。

 

坂の街

シアトル

シアトルはとにかく坂の多い街です。

しかも坂の勾配が急!

 

シアトル

歩くと大変ですが、これもシアトルの特徴ということで風情があります。

 

パイクプレイスマーケット
最新情報をチェックしよう!